沖縄移住は最悪だった。仕事、人間関係で失敗し後悔しないためにメリット・デメリットを知ろう

沖縄移住で後悔して最悪な気分にならないためのポイントをまとめます。

沖縄移住で後悔する人の特徴

 

 

沖縄は本当にいいところです。海はきれいだし、気候は暖かい、花粉症はない、寒くない、人は優しいし暖かい

 

なのに、沖縄を嫌いになって、移住して最悪だった、後悔したという、移住者がたくさんします。とにかく移住してくる人が本当に多いです。よく調べもせずにノリだけで沖縄移住が何とかなると思っている人が本当に多いです。

 

というのも、インターネットの発達や格安航空券の影響で、沖縄が気軽になったからです。また、沖縄の支援などで移住を勧めているのもありますし、リモートワークの促進で働き方が変わっているのもあるはずです。

 

今後も沖縄への移住者はどんどんふえていくはずです。この状況を快く思っていない沖縄の現地の人、つまりウチナーンチュもいるはずです。というのも、移住者のせいで、家賃は高騰、土地の値段や一戸建ての価格も上がっています。宮古島を見ればわかります。

 

本当に現地の人の生活が苦しくなっています。沖縄の給料からしたら、家賃が高すぎるのです。沖縄は本当に給料が安いです。移住者はこれを覚悟しなければなりません。インターネットで自分で稼ぐしかないかもしれません。

 

後悔する人は、とにかく下調べをしない人です。リサーチをすれば、待機児童が多いこと、家賃が高いこと、物価が高いこと、非日常は普段は味わえないことなどは分かります。また、独特の文化、独特の人間関係もわかるはずです。

 

 

そこを下調べをせずに、沖縄は本当に最悪だ、人が嫌だ、沖縄人は嫌な人が多いといってしまうのは悲しいです。まずは下調べをしましょう。

 

 

 

 

沖縄移住した際におすすめの観光スポット

 

 

おきなわワールド

 

管理人は、おきなわワールドへはガンガラーの谷を見に行った後に軽く立ち寄ったことがある程度です。

 

 

勘違いされている方が多いようなのですが、おきなわワールドは無料で入園できるエリアも多くそれなりに楽しめます。

 

 

管理人がいった際もガンガラーの谷のついでにプラプラした程度でしたが楽しかったのを覚えています。

 

 

すぐ隣にありますのでガンガラーの谷のついでに立ち寄りやすいのです。沖縄県に一年ほど住んでいたことがあり、いかにも観光客がツアーで行きそうな場所なので、混んでいるだろうと敬遠していました。

 

 

しかし、沖縄に住んでいる友人も行ったことのない人が多いことがわかり、実は興味あるから行ってみようということになり行ってきました。

 

 

まずは楽しみにしていた鍾乳洞・玉泉洞。

 

 

 

外の暑さとはうって変わって、中はひんやりととても涼しかったです。そして思った以上に広く、迫力がありました。下から照らされるライトがまた良い雰囲気です。すぐに見終わると思っていたのですが、なかなか歩きごたえのある距離で大満足でした。

 

 

そして次に向かったのは琉球王国城下町です。

 

 

沖縄らしい町並みを歩きながら、伝統のものを見たり体験したりすることができます。途中ひと休みした「ブクブク茶屋」。目的はブクブク茶を飲んで涼むことでしたが、フレンドリーなお店の方が声をかけてくれ、三線を演奏してくれました。

 

 

そしてさらに、三線の弾き方も教えてもらうことができました。そういう沖縄の人とのあたたかいふれあいも、沖縄が大好きになる理由のひとつです。

 

 

また、一番感動したのはスーパーエイサーのショーです。

 

 

 

エイサーのお祭りは行ったことがあり、街中で行う迫力のあるエイサー団体同士の戦いを肌で感じたことがあったので、ステージでやるエイサーってどうなのだろうと勝手に不安に思っていました。

 

 

しかし、いざ始まってみると男性も女性も本当にかっこよく、全力で披露してくれるエイサーに心打たれました。不安に思っていたさっきまでの自分に反省です。

 

 

最後にはお客も交え、みんなで輪になってカチャーシーも踊りました。実は私、個人的にカチャーシーも大好きなのですが、踊ったことがありませんでした。昔からカチャーシーに馴染みのある沖縄の人たちの前で踊ると、手が違うとかいろいろ指導が入るので、恥ずかしくて混ざることができなかったのです。

 

 

しかしおきなわワールドは観光客もたくさんいます。上手い下手関係なく、みんなで輪になってカチャーシーを踊るのは本当に楽しく、大満足の一日となりました。

 

 

おきなわワールドと聞くと、沖縄にあまり来ることができない観光客が、手っ取り早く沖縄を体感する場所なんじゃないかとか、用意されたものに触れても感動できるかわからない・・・なんて失礼な想像を勝手にしていましたが、そんなの取り越し苦労で、沖縄に住んでいても楽しめましたし、沖縄生まれの友達もとっても楽しんでいました。

 

 

琉球ガラス村

 

琉球ガラス村は、何と言っても琉球ガラス造りの体験が売りです。
もちろん、琉球ガラスはじめとした、沖縄土産販売も行っています。それ以外にもレストラン、泡盛の専門店も設置されています。

 

 

歴史的建造物よりお手軽に、沖縄の文化的な部分を感じることが出来る場所です。
子どもでも楽しめる、海以外の場所だと思います。

 

 

琉球ガラス村の体験は、お手軽な体験です。勝手な想像では、陶芸造りのように何時間も体験するものと思い込んでいましたが、体験時間は、30分ほどです。しかも、自分が体験する時間は、5分程です。それでも、自作の琉球ガラスが作れるので、いい思い出になると思います。私が行ったときには、一人あたり二つ作って、合計4つ作っていたカップルもいましたよ。

 

 

体験する内容は二点。
@ガラスを膨らます
Aグラスの飲み口を整える

 

 

@ガラスを膨らます
ですが、職人さんが用意してくれた熱々のガラスを型枠にセットし、息を送り混んで、グラスの大枠を作る作業です。息は、多少強めに吹いても大丈夫です。

 

 

Aグラスの飲み口を整える
息を送り混んだガラスの飲み口を整えます。長いトングのようなもので、グラスの内側から広げて、いびつな形にならないように丸く整えます。
ここで、センスの差がつくかもしれませんね(笑)

 

 

以上で終わりです。作った琉球ガラスは、3日間冷ましてそれから受け取りか、発送してもらいます。(発送は、1000円かかりますが、他のお土産と合わせて送れますし、割れ物の保証付き。また、どれだけ送っても1000円なのでお徳ですし、お土産を先に買ってしまって送れば、荷物が少なくて済みます。)

 

 

体験としては、簡単なものですが沖縄という場所柄、海をメインであることを考えるとちょうど良いかなとも思います。

 

 

また、お土産コーナーも豊富ですし、琉球ガラス体験をした方には、割引券がついてきて、これが大きい!
1000円でどれだけでもお土産を送ることができますので、便利ですし、割れ物の保証もついてるし、また、梱包も丁寧でした。到着も遅いのかと思ったら、恐らく翌日に届いていてビックリしました。(琉球ガラス体験のグラスとお土産を発送してもらいました。琉球ガラスの冷却3日間の翌日には届いてました。届いたときに絶対、体験で作ったガラスを忘れてるんだろうと思いましたが、入っていてビックリ。早かったです。)